>

トラブルが起こったらすぐに対処する

確定申告の方法を理解する

確定申告をする時は、自分がどのくらいの収入を得たのかなどを書類に記入します。
収入を計算しなければいけないので、前もって計算しておきましょう。
1年間に投資で得た収入を計算するので、5月や6月など早すぎる段階で計算しても、正しい税金を納めることはできません。
11月ぐらいになってから所得税の計算をすれば、正しい金額を算出できると言われています。

書類を提出する期限や、税金を納める期限が決められています。
必ず期間内に、どちらも済ませるようにしてください。
投資で資産を増やすことばかり意識していると、税金のことを忘れます。
するとトラブルが起こるので、常に投資で稼いだお金には税金が発生すると覚えておきましょう。

間違って確定申告をした場合

書類の内容を間違えて確定申告を済ませた場合は、正しい対処方法を知っておきましょう。
計算を間違えた場合は、多く税金を払いすぎることがあります。
その際はまず、どのくらい多く支払ったのか計算し直してください。
そして更生する書類を提出すれば、あとで払いすぎた税金が戻って来ます。
間違いに気づくと焦りますが、簡単な手順で済むので安心してください。

逆に少なく支払ったケースもあります。
その場合は、あとどれくらい税金を納めれば良いのか計算してください。
少なく支払った場合は、修正申告書と言う書類を記入します。
書き方はほとんど確定申告書と同じなので、楽だと思います。
税務署に行くと、職員が説明してくれるので遠慮しないで聞きましょう。


この記事をシェアする