>

車を売買した際に発生する税金

自動車所得税のトラブル

自動車取得税は、車を購入した時に発生する税金です。
親戚や友人に車を売ってもらった時も、自動車所得税が発生すると覚えておきましょう。
ですが新車か中古車かという部分で、どのくらいの税金が発生するのか変わります。
新車の場合は、車の所得金額の3パーセントがかかります。
軽自動車の場合は2パーセントと低くなっています。

中古車の場合は、その車の価値と車年数を使って、所得金額が計算されます。
そして所得金額が50万円以下だった場合は、自動車所得税は支払わなくて良いという決まりになっています。
売ってもらった相手に、代わりに自動車所得税を納めて来てやるからお金をよこせと言われても、本当に自動車所得税が発生するのか調べてください。

自動車税という税金とは

中古車を購入し際、前の持ち主がきちんと自動車税を支払っているのか調べてください。
もし支払っていなかった場合は、自分が代わりに自動車税を支払わなければいけません。
自動車税を支払っていないと、車検に出せないので仕方がありませんが自分が納めましょう。
無駄な出費を増やさないためには、車を購入する前に前の持ち主が自動車税を支払っているのか調べることが重要です。

購入前に、納税証明書を見せてもらいましょう。
またコピーを取っておくのも良い方法です。
自動車税を前の持ち主が納めたという証拠があれば、支払えと言われた時にコピーを見せれば大丈夫です。
気に入った車があってもすぐ購入しないで、自動車税を支払ったのかチェックしましょう。


この記事をシェアする